微睡みのアイドル

夢ばかり見る僕、夢を見ない君

Summer paradise2019 「君の瞳の中に見えた丸くて青い星」について考える

 

summer paradise2019 から早5ヶ月が経過してしまいました... 

 

 

 

「俺たちの夏、最高だったよな!」なんてガハガハ笑いながら半袖で肩組んでたら寒い風が吹いてきて今じゃコートを身にまとっている.......あぁ!!!だめだ!!!!!!抑えきれない!!あの夏への想い........!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

ということでタイトル通り、今年のサマパラのソロコーナーで、中村海人くんが披露した「君の瞳の中に見えた丸くて青い星」について、中村海人くんに重ね合わせて考えてみました。ほぼ歌詞についての内容ですが、サマパラで披露した演出とも重ねて考察しました。

 

 

 

宇宙とか夜とか星とか月とかが好きな自分的にはこの曲が好みドンピシャなんですよね...。らじらーで彼がこの曲を流した日から、この歌の意味を頭の中で想像しまくってきたこの想いをやっと言葉にできると思うと興奮してきました...。

 

 

 

 

さっさと始めますね。

 

 

 

 

 

まず、自分が考えたこの歌のひとつのテーマは

 

 

中村海人が、私たちや仲間たちと中村海人自身に向かって、歌っている」

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

これを非ジャニオタの妹に言ったら「は?」って言われました。まぁそうなりますよね。

 

 

私がこの曲を初めて聴いたときに頭にパッと思い浮かんだ感想は、「うみさん好きそ〜〜〜〜!」でした。だってらじらーで少年隊の「stripe blue」を流そうとした男ですよ..「Air」を選曲し「また今日と同じ明日が来る」を選曲し「宇宙に行ったライオン」を選曲した男ですよ.......こういう感じの曲が好きなんですよ...これはフィーリングです....Don't think,feelです。

 

この曲、「うみさんっぽいな〜 」っていうのが私の第一印象でした。それもあってか、割と初期段階で中村海人のテーマソング」として私の頭の中にはインプットされてしまい、あんなテーマを考えてしまったわけです...。

 

 

 

それから、うみさんって好きなアニメのキャラクターになりたくて髪色を変えたり、セリフを言ったりしたことがあったと思うんですけど、このことから「登場人物と自分を重ね合わせる」のが好きだったり、そうやって見たりしている子なのかな〜なんても思ったんです。だから、きっと歌詞と自分を重ね合わせることも少なくないはず。「宇宙に行ったライオン」なんかはそんな風にして選んだ曲かな〜って思ってます。

 

 

 

この2つの考えからわたしは中村海人が、私たちと仲間たちと中村海人自身に向かって、歌っている」というテーマに考えついてしまったわけですね...。我ながらなかなかエグ重い思考で...ごめんなさい........

 

 

 

 

 

 

さ〜て!ここからはもっとも〜〜っと重い歌詞と演出の考察に入っていきます!みなさん、考察だけど、Don't think,feel...でお願いします...!!

 

 

 

 

①Aメロ

中村担と話したときに「トワイライトの彗星ってなに???なんなの?」って聞かれたのを思い出すAメロ。

まぁそうなんですよね、トワイライトの彗星ってなんぞやと....。

 

この曲、たぶん「彗星」って言葉が鍵なんじゃないかなって思ってます。何度か出てくる上に、「彗星」と「星」以外にタイトルのような宇宙を思わせる言葉は出てこないので....。

わたしは、歌の中に「未来」や「旅立ち」が出てきたことから、このキーワード「彗星」を「」として考えました。

 

とりあえずこのまま、「夢」と仮定して話を進めていきますね。

 

とまぁ、「トワイライトの彗星」って言ってるわけです。トワイライトってよく聞くけどなんだろうな〜って思ったので、意味を調べてみました。

トワイライト

日の出前や日没後の薄明。あるいは、おぼろげな光を指す語。

噛み砕くと、「消えてしまいそう」ってことかと思います。

ということで、「トワイライトの彗星」「消えてしまいそうな、見失ってしまいそうな夢」と解釈しました。

 

では歌詞と繋げて見てみます。

 

 

 

君がどこかに落としたトワイライトの彗星

「君」は、もちろん君(私たちや仲間)でもあり、テーマとして言ったように、うみさんがうみさんに向かって歌っていると感じたので、うみさん自身でもあると思います。ここから先「君」が出てきたら(私たちや仲間でもありうみさん)が後に付いていると思いながら読んでもらいたいです。

 

そんな「君」はどこかに「見失ってしまいそうな夢」を落としてしまった(=諦めてしまいそうになった)ようです。これは大変。

 

 

 

一緒に見つけてあげる 

「君」ではない、この歌を歌っている主人公が一緒に見つけてくれるそうです。主人公は誰なのかって言われたら、歌っていたうみさんだと思います。そこは揺るがないポイントです。

 

 

 

だから追い越して 追い越して

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

ここで急に意味わからないこと言い始めました。急に追い越せと....。謎ですね。謎は解明しなければなりません。

 

この歌詞、2番にも出てきますね。頭に残るワードです。思うに、これは主人公が「君の失くしかけた夢は僕が探しておくから、君は先に進んでね」と「君」に向かって言っているのかなあと。それで「追い越して」って歌っているんだと思います。

 

うみさんにも、夢みてきたことが叶わないとわかっていながらも、前に進まなければいけないときが、これまで何度もあったのかなあ...なんて思います。そんなときに背中を押して一緒に歩いてくれた人が、たくさんいたんじゃないかな........

 

 

 

孤独が足踏みしてる 時計の針は痛いね

さっきの歌詞でひと段落が終わり、次の段落です。足踏みしてるってことは、進んでいないですね。「痛いね」と問いかけるような歌い方なので「君」が足踏みしてるんだと。

 

「孤独」は「さみしさ」を連想させるので、夢をなくしたさみしさを表しているのかなと思います。夢を諦めきれなくても時計の針は進む、時間はどんどん進んでしまうので、「痛いね」=「つらいね」....。主人公と「君」が共感し合うようにも読めます。自分のことを自分で理解する時間です。

 

 

 

真夜中のオーケストラ 指揮者は君に任せるぜ

思わず一緒に指揮しちゃった夏を思い出しますね。私たちにも指揮を任せてくれたうみさんです。

指揮者って1番前に立ってオーケストラを引っ張る役目だと思うので、「先頭に立つ人」の意味もあるかなと思います。そんな「先頭に立つ人」を「君」に任せてくれるんです。夢を見る人を任せてくれるんです。追い越してもいいし、足踏みしてもいいから、「君」は「主人公」より前にいることを任されました。「君の夢になら、僕はついていくよ」ということだと思います。

 

 

ここでAメロのまとめ

失いかけていた夢をどこかで落としてきてしまった君。僕が見つけておいてあげるから、君は先を歩いていいよ。夢を諦めきれないことは辛いね。でも君の夢にならなんでも、僕はついていくよ。

こんな感じだと考えました。

 

 

 

 

 

 

②Bメロ

今にもわんわん泣きだしそうなその青い瞳は 僕らの住んでいるこの星に似てるような気がする

 

正直ここはあまり深く考えないで、そのままの歌詞を受け取りました。泣きだしそうなのは、ありのままを肯定して背中を押してもらえたからかな....と考えたくらいです。

 

 

 

大事なのは、「歌詞と演出のリンク」

 

 

うみさん、たしか右目だけ青いカラコンをつけてましたね。これ、両目じゃなくて、右目だけだったのがポイントな気がする〜🎶

この歌詞どう考えても主人公が「君」に向かって似てるような気がするって言ってるんですけど....青いカラコンは、僕らの住んでいるこの星に似てる「君」青い瞳だとしたら........

 

 

 

 

右目が「」で左目が「主人公」!!!!かな?!!!

 

 

 

なんかホラーな言い方になっちゃいましたが、うみさんの中に「君」も、この歌を歌う「主人公」もいるんだよ〜と表しているんだと考えました。

わたしはこの演出を見て自分の鬼重キモ考察に想像を膨らませてしまったわけです....ごめん........。

でも後悔はゼロです🎶(よかった)(?)

 

 

 

 

 

 

③サビ

宙を舞ったゴミ袋が 僕には天使に見えるよ

「僕」はこの歌を歌う「主人公」。「天使」は「君」です。だから青い瞳のある右側にだけ、ジャケットに天使の羽がついていたんだと思います。あの衣装とっても似合ってましたね...キラキラしてて本当にかっこよかった....。

 

人からゴミだと言われようが、捨てるものだと言われようが、僕には君が、君の夢が、天使=綺麗で美しく見えるよ。

 

 

 

立ち上がって走る君が 僕には未来に見えるよ

ここはそのまま。未来を願う主人公の気持ち。

 

 

 

 

 

 

 

やっとサビが終わりました....

 

 

 

いまのわたしの悩み事聞いてもらってもいいですか?

 

 

 

 

「2番にいこうかなあ........」

 

 

 

 

 

わたし2番の歌詞がとってもとってもとってもとってもとってもとっても大好きよ(vo.広末涼子)なんですけど、うみさんは2番を歌ってないですね........どうしようかな...

 

 

 

いやもう.......ここまできたらやっていいかな...もう止められない....うみさん歌ってないけどうみさんに重ねて聴いてるから許して!!!そして山Pごめん!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

ここから勝手に歌詞の考察だけ始まるので、読むのめんどくせ〜って方は遠慮なくスクロールして、⑦Cメロ まで飛んでください!いや飛ぶのをオススメします!!!!!あと話がちょっと暗いです!!まじで飛んでください!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④Aメロ(2番)

読んでくださってありがとうございます涙

 

君が何にも言わずに 残していった彗星

えっ、残していったってことはもういないの???

いないというか、進み始めたんだと思います。何も言わずに。この感じだと主人公の僕は着いて行ってないですね。いいのか?主人公よ。

 

 

 

 

 

 

 

僕はうんと頷くよ だから追い越して追い越して

 

いいらしい。

 

 

 

 

頷いてくれた僕。優しすぎないか??辛くなってない?おでん食べる???アイス?寿司??焼肉???

 

 

 

 

ここで言いたいことは「君」が残していった夢は「僕」が叶えてあげるよってことだと思います。そしてここでまた激重考察なんですけど、2番の「君」は「うみさん自身」じゃないです...たぶん........。

 

ここでの「君」は「仲間」であり「新しい夢を見つけ去っていく仲間」だと思いました。

 

 

 

 

 

うみさんの中に君がいる演出をしてるので、2番を歌わなかったんだと思います。いや尺の問題だよ。でもうみさんの中に君がいる演出なので。いや尺の問題なんだけどね。

 

 

 

「君」は何も言わずに、夢だけ残していきました。でも、それを「僕」は うんと頷いて受け入れ、「君」の夢を抱きしめて、追い越す背中を見ていました。

2番のAメロはこんな感じでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤Bメロ(2番)

泣いてなんかいないぜ 伸びてく影に小さく手を振るよ

泣いてなんかいないって強がりながら、夢を残した君に小さく手を振ります。小さく手を振るのはせめてもの抵抗。別れはいつも、突然やってきますね。

 

 

 

ふたつが遠く 遠くなるまで 見失えるように

この「ふたつ」ってなにかな〜ってずっと考えてたんですけど、「新しい夢」と「君」で「ふたつ」って結論にねじ込みました笑。もし違う考察をしていたら、この「ふたつ」にもっと意味が持たれるのかもしれないです...。

ここの歌詞面白いですよね。「見失える」って日本語、初めて聴いた気がします。普通はこんな言い方しないけど、泣いてなんかないって強がった「僕」なので、忘れたくないけど飲み込んだふりをして「見失うことができる」、「見失える」って言ったのかなって思いました。

 

 

 

 

 

 

⑥サビ(2番)

風に舞った週刊誌が 世界の終わりを告げても

ふざけあって転げた日を ぼくは忘れはしないだろう

世界の終わりってどんなイメージですか?わたしは、絶望とか愛の終末を感じます。まぁたぶん、ここでもそんな意味かな。

そんな絶望を感じても、ふざけあった日々は忘れない。

忘れられない思い出っていっぱいあるよね...。

 

 

この後の歌詞は最後のサビと同じなのであとで考察するとして、少し端折って、

いつだってこの胸の中に 君がいるから僕は笑えてるんだ

ここもそのまま、君との思い出があるから、今の僕があるよ ということだと思います。

 

2番の歌詞...色々想って聴いてしまう悪い癖のせいでいつもうるうるしてしまいます....。

 

 

 

 

 

 

 

 

⑦Cメロ

2番を終えてサマパラに戻ってきました!スクロールした皆さん!!!ここです!ただいま!!!!

 

 

Cメロの前の間奏でうみさんはまさに宙を舞っていました。天使であることを表しているみたいだな〜と思った次第です。床にキスするのは特に意味を感じなかったわたしですが、「うみさん好きそ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」って思った演出のひとつです。なんか、好きそうです笑。あ!裸足は、タイトルから読み取って、宇宙にいて、地面歩かないから靴がいらないのかなって思いました。あとムビステの床が透けてるので「透けてる=見えない=ない」の発想で浮いてる状態、宇宙空間を演出したのかな〜なんても思ってます。これは考えすぎかな笑?

 

 

 

 

 

引きこもってた少年がその音楽を聴きました

愚痴をこぼしたOLがその音楽を聴きました

これは私たちのことかな〜と思います。いや、私たちが引きこもりの少年で愚痴をこぼしたOLなんじゃなくて笑、「人々」という意味で、私たちがあのうみさんのソロを観ている=「音楽を聴きました」で、私たちのことを指し、私たちが聴いてくれたことを、「君」であり「僕」であるうみさん自身に聞かせているんだと思います。

 

 

 

 

 

君がタクトを振りかざし 僕らは何度も夜明けを見た

タクトは指揮棒のことです。

指揮者を任された君は指揮棒を振りかざし、自ら前に進みました。そして君と僕は夜明け=誰かの夢が叶う瞬間、苦悩が晴れる瞬間、僕らの夢が叶う瞬間を何度も見たのです。私たちもその瞬間を何度も見させてもらっているので、「君」のひとりです。もちろんTravisJapanも。

 

 

 

 

 

 

 

 

⑧最後のサビ

宙を舞ったゴミ袋が 僕には天使に見えるよ

立ち上がって走る君が 僕には未来に見えるよ

ここは1番のサビと一緒です。

うみさんは、サビに入る前にジャケットを脱いで宙に投げますが、「新しい僕になる」ように見えました。君が僕になる瞬間というか......ジャケットの右側にしかなかった羽が、ジャケットを脱ぐことでシャツだけになり、そのシャツの背中の"中央"に新しい小さな天使の羽が現れるので...僕が君で、君が僕で..............

 

 

きっと今までたくさんの「君」の夢が叶う瞬間を見てきた「僕」なので、次は「僕」の番だと確信したんだろうなって思います。そうだよ、うみさんの番であり、TravisJapanの番だよ。

 

 

 

 

オーディエンスの声援は旅立つ君のファンファーレ

オーディエンスはファンのことや支えてくれる人たちのことかな....ファンファーレは「短く華やかな曲」のこと。

 

ここで最後の「君」=「うみさん自身」説なんですけども......笑

1つ目の意味はさっき言ったように、「次は僕の番だ!」と確信したのは主人公なので、ここで旅立つ=夢を叶える旅に出る のは「主人公」である「僕」。ここでは旅立つ「君」と歌っているので、「君」は「僕」だと考えました。

 

そしてもちろん、君は「君(仲間)」でもあって、2つの意味が重なっていると思っています。

 

 

 

 

いつだってその胸の中に 僕がいるから振り向かずに行くんだ

またややこしい考察をすると笑、

「その胸」は「君の胸」なのでイコール「僕の胸」でもあります。そして僕の胸の中には「僕」がいるんですね。この胸の中にいる僕は、「僕の夢」とか「僕の意思」を指していると思います。だから、「僕の胸の中には僕の夢があるから、それを信じて進むよ」という意味でとったのが1つ目。

 

2つ目は歌詞そのままの意味です。うみさんからファンに向かって言ってるのかな....とメロメロな考察にたどり着いてしまいました....。「「君」の胸の中には「僕」がいつでもいるから、一緒に前に進もうね」........キュン❤︎

 

 

 

サマパラで実際にこれを聴いた私はキュンどころか涙ダバダバで湖作ってましたね。1バルで湖見た方、それ私です。ごめんなさい。

 

 

サビをまとめると、

他人からくだらないと言われた夢も、僕には綺麗な夢に見える。立ち上がって走る君が、僕らが、僕が、僕には未来に見える。オーディエンスの声援は、夢を見る僕らへのファンファーレ。いつだってこの胸の中には、君と僕らの夢があるから、振り向かずに行くんだ。

 

 

 

 

そしてそして最後の振り向いてステージから落ちる演出!!やぁ〜〜んもぅ〜〜先輩のかっこいい演出みるとすぐやりたくなっちゃうんだもんね〜〜〜〜かわいいなぁ〜もう〜〜〜〜よしよし❤︎

 

 

 

 

 

じゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

でもめっちゃかっこよかったよね!!!すごく好きな演出だった。オーラス日の昼公演に入ったら、いつも「ありがとう」って言ってから落ちるところを、くしゃっと笑って落ちていったので それ見てとなりの同担と「むり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」って泣いちゃいました。また湖作っちゃいましたね。

 

 

 

 

 

わたしはここ「死ぬ」ために「落ちた」んじゃなくて、「旅立つ」ために「飛んだ」んだと思っています。飛んだ後に星屑みたいにキラキラが画面に飛ぶので、宇宙空間に飛んでいったんだな〜って思って見てました。夢を追いかけるうみさんの新しい旅がはじまったんですね....。

 

 

 

 

 

 

 

ということで長い長い長い考察が終わりました。

簡単にまとめると、

・「失くしかけた夢を探す旅に出て、その途中に夢を諦めたり、誰かの夢が叶う瞬間を見たり、何度も何度もしたけど、最後は自分の夢を見つけて仲間と新しい旅に出る」歌

・歌詞を自分に重ね合わせて、自分からみんなへ、そして自分から自分に向かって歌っている

 

こんな感じですかね....

 

 

 

 

語彙力ないくせに想像力は人一倍あるので、うまく私の考察が伝わったのかわかりませんが、頑張って書いたので、少しでも「面白いな〜」と思ってもらえたら嬉しいです!(というかこの考察、ほぼ歌詞の考察だから演出とあまり絡んでなくて...申し訳ないです....)

自分だけの考察だと凝り固まった思考になっちゃうので、ほかの色々な考察も聞きたいな......

 

 

 

今年のサマパラで、うみさんの演出がめちゃくちゃ自分にとって好みだって気づいてしまい、またさらに彼の虜になってしまいました...うちの子天才ですねまじで.......これからもうみさんの演出たくさん見たいな〜!なんて期待を込めて、わたしの夏はこれにて終わりです。お付き合いいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

しろいお月様、みどりのうさぎ

トラジャのサマパラが終わって、夏が終わった気分。もう秋だと思って長袖の服を着て外に出たら想像以上に暑くて、まだまだ夏だよ〜って思い知らされちゃった。

 

 

サマパラ後からちょっとだけ考えていたこと。わざわざはてブロにする必要ないかなあと思ってツイッターにつらつらとリプを繋げていたらきもちわるい文量になってしまったから、やっぱりここに書くことしたよ。そんな大したことない、でもわたしの中で大きい決断の話。

 

 

 

 

 

 

横山裕さんから担降りします。

 

 

それから、中村海人担としていきることにしました。

 

 

 

 

ぬぉ〜〜〜〜〜

やっと言えた!!!いや今更?って感じだよね、だってさツイッターなんか、もう中村海人くんの話しかしてないんだもん....。

でもすごく悩んだし、ずっとずっと悩んでたんだ...。

 

 

 

 

 

「誰担ですか?」

 

 

新しく仲良くなってくださった方々によく聞かれる言葉。わたしは今まで「横山裕さんと中村海人くんです!」って答えてた。でも仲良い友達に「どちらかといえば?」って聞かれたことがあって、それからふと考えるようになったの。

 

 

 

自担ってひとりなのかなあって。

 

たしかに2人の名前を言うことにわたしの中に対抗がなかったわけじゃない。元気に答えてたかと言われたらそうじゃなくてちょっと申し訳なさそうな感じで答えてたし。

疑問だった、ずっとずっと。

 

 

 

自担の意味を考えてみた。自分の担当。担当って何かな〜って。わたしは担当って言われたときに担任の先生が思い浮かんだ。3年4組を担当している先生。関ジャニ∞を担当しているひと。Travis Japanを担当しているひと。

 

自分で声に出してみた。「横山担です」と言ったときと、「うみ担です」といったとき。なんとなく、「横山担です」といったときの方が、うみさんの顔が強く思い浮かんできた。

 

 

 

 

 

今年、サマパラに入って、世界で一番しあわせで、自分が一番自分らしくいられる場所はここだ!って心の底から思った。まいにちたのしかった。わたしがいま、1番応援したいのはTravisJapanの中村海人くんだ!!って強く強く思った。

 

 

 

横山さんのことを見ているとき、幸せじゃないわけじゃない。横山さんのことがいまでも大好きで大好きで仕方ない。横山さんの出ているテレビを見て朝からキャーキャー声を出しちゃうし、きっと胸の鼓動の速さはうみさん見てる時より全然早い。でも担当なの?って言われた時、横山さんのことももちろん応援してるんだけど、それ以上に、応援したいのはうみさんだって思った。横山さんは全然下がってない、横山さんが120%応援したい人だったのに、ある日突然うみさんが現れて、その子が150%応援したくなる、そんな男の子だったって。それだけの話。横山さんへの情熱は全然冷めたわけじゃない。横山さんにたくさん感謝してる。アイドルを応援することの楽しさを教えてくれたの紛れもなく、横山さんだから。大好きで仕方がない、この気持ちは殿堂入りなんだよ〜笑

 

 

 

 

 

 

ずっと前から「自担」って言葉に悩んでて、友達に相談したときに「1番応援したい人と1番好きな人は違くない??」って言われて、すごく腑に落ちて。わたしもそうだなって思った。

 

わたしは「自担」の意味を「1番応援したい人」としてとっただけ。これは人それぞれだと思う。「1番好きな人」が「自担」なのも当たり前に素敵だと思うし、絶対正解だと思う。

 

 

 

 

うみさんのこと、TravisJapanのことを幸せにしたい。うみさんが思い描く未来の全てを叶えてあげたいし、その道を照らしていたい。ほんの少しの力にしかならないだろうし、なんならわたしは無力かもしれない。でも、うみさんが、TravisJapanが歩いていく道をずっとずっと応援していたい。ずっとずっと見ていたい。こんなにも、涙が出るほど想うのは久しぶりのような、初めてのような....。うみさんのこと、応援したいって、ただそれだけの気持ちでこんなにも好きだ!!!いまがたのしくて仕方がない。この先の未来も、きっと、幸せだけじゃない、辛さとか苦しみとかいっぱい待ってると思う。でもそんな壁も乗り越えてみたい。もしうみさんが、その壁を乗り越えられるか不安になったとき、うみさんのことを少しでも支えていられたら、わたしは嬉しいな。

 

 

つらつらとラブレターを披露してしまったけど、これがわたしのいまのきもちで〜〜す!後悔は1つもない!正直半年以上悩んだからね....フフフ....。関ジャニ∞のこと完全に降りるわけじゃないよ〜!これからもCD買いまくるしテレビ見まくるし、もう今までと全く一緒!ただわたしの口から出る言葉が変わっただけの話!チャンチャンッ♫(?) TravisJapan、これからもよろしくね〜!一緒に頑張らせてください🔥!

 

 

 

横山さん、うみさん、関ジャニ∞とTravisJapanの生きる世界が、煌めき続ける、素敵であったかくて、優しい世界でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸は輝くゴールドに 〜中村海人くんお誕生日おめでとう!〜

 

 

 

中村海人くん、21歳のお誕生日おめでとうございます!!!

 

「もうハタチ?!!」と驚いていたらいつのまにか一年経ってもう21歳になってたか.....時の流れよ....

 

f:id:younekom:20180415225158j:image

(↑かわいいハタチのうみさんです)

 

 

 

21歳って突然大人になった感じがしませんか...うみさんも大人の男になっていくんだなあと思うと、寂しい気持ちと嬉しい気持ちが混ざっていって...うーん、わかんない.......!(?)

 

 

さてさて、中村海人くんのことを応援し始めてから約1年が経過。この1年、「いろいろあったね〜」だけでは済まないくらい本当にいろいろあった...。心の整理をつけたくて文字を書いても、また整理し始めなくちゃいけなくなったりね...。記事を何個も書いたけど、全部下書き行きに。この1年の思い出をちゃんと文字にしたいから、今日は、中村海人くんのことが好きになってから今日までのことを振り返ります。正直な気持ちを書くから嫌な気持ちにさせてしまったらごめんなさい....。あと、めちゃくちゃ長〜くなるから覚悟してね〜〜?(?)

 

 

 

ここからは愛を込めて、TravisJapanのことを愛称で呼ばせていただきます。

 

 

 

 

2017年3月31日:中村海人くんに出会う

 

天地を揺るがす出会い。人生がひっくり返る出会い。ありえないくらいかわいい顔の男の子。なんだこの子、応援する以外の選択肢ないぞ。2017年、彼に出会ったことでわたしの生活はぐるぐる1260度ぐらい回りまくって変わってしまった....みなさん....ここからが本番です.....。

 

 

3月31日の真夜中、ツイッターで「大運動会が当たったってことはJr.も観れるってことか!!」とツイートした際にフォロワーさんからこんなリプライが来たのがすべての始まりだった..。f:id:younekom:20180415010055j:image

 

 

 

 

 

好き!!!!!!!!!!!!顔好き!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

彼を検索する手は止まらず、某ユー◯ーブで動画を検索しまくり。YOLO momentを見たときに全身に電気が走って声を上げてしまった。こんなに楽しそうに踊る男の子がいるなんて....応援したい....。

 

 

好きになって3日でジャニショで写真を購入。ご縁に恵まれてJr.祭りに入ることに。前日の夜は全く眠れなくておはよんを見ながら化粧してたな.......(はやい)

 

 

 

 

 

4月9日:ジャニーズJr.祭り

 

トラジャ以外のグループが全くわからない状態であったにも関わらず楽しすぎて、終わったあと知恵熱を出したよ!!

ギャーギャー騒いで熱くなった会場を一瞬で静かにさせたあのSo Crazyのイントロはずっと忘れられないし、見ていて涙が溢れて止まらなかったうみさんの表情はいま思い出しても鳥肌が立つ。公演終了後、わたしはうみさんを応援したい気持ちでいっぱいになって即座にJr.情報局へPay-easy今日からわたしは正式にあなたのファンです!うみさん、よろしくね。

 

 

 

 

4月16日:ジャニーズ大運動会

 

JUMP名義で当てたくせに、つい16日前に好きになった男の子のうちわを6時間待ち続けまし  た....。

中々に近い席で6時間たんまりとうみさんをしっかり見続けることができて大満足。うみさんが暇すぎて飽き飽きしている姿を見て「わたしもいま飽きてるわかる、かわいいよ」と思い、うみさんがバッターボックスに入れば若干の恥ずかしさとともに「うみちゃんがんばってーーーー!」と声を出す。保護者かな?心が愛で溢れてとっても楽しかった....。

 

最後の最後、出演者全員が小走りで客席を回っている中、彼はゆっくり1ブロックずつ止まって手を振っていた。丁寧でやさしいその姿を見て「応援することに間違いはなさそうだなぁ」とまた私は泣くのでした....。

 

 

 

 

 

4月の中旬あたりから「クリエ」の文字をよく見るように。クリエってあのクリエ??調べてみたら当日券があることがわかったのでほぼ全ての公演の当日券に並んだ。行かなかったのは火曜日のお昼公演だけだったよ...笑。

f:id:younekom:20180414114236j:image(懐かしい当日券。この時期全てにやる気がなくて何もしてなかったからたくさん並びに行った。)

 

 

これが本当に楽しくて。当たらなかったのは少し残念だったけど、ドキドキ感だったり当選者さんへの無言の「おめでとうございま〜す!」感だったり、あとゾロ目と一桁の人が当たった時の謎の「おお〜〜〜〜」が面白かったなあ。またいつか並びたい笑。

 

 

 

6月に入ると帝劇での公演、「ジャニーズ ユメ アイランド」(今も正式名称が謎)が発表されて「人生初帝劇」に喜んでいたのも束の間、あれれ?ポスターに6人しかいないぜ〜??

 

 

このときは「まぁ今だけでしょ!」と軽く流せていたけど、日が経つにつれてそれは現実味を帯びてきてたんだよね......。

 

 

もうこの頃の記憶があんまりないから詳しくは覚えていないけどなんとなく、薄々そうかなと思いながらも、いつのまにか夏になってた。なんか本当によく覚えてないんだよ......。

 

 

8月の中頃、夏真っ只中なのにその日だけ何故かとても寒くて。

前日のレポで「誰もわからない曲を6人で歌う」っていう文が流れてきたときに、あぁそっか...と。自分の目で見ても、ああそっか...と....初めてのオリジナル曲で、こんなに華やかでこんなにトラジャにお似合いで最高なのにどこかさみしかった。

 

でも、こんな気持ち吹き飛ばしてくれるくらいにトラジャキントレは最高で。プレゾンを見たことない、聴いたことない私でも、とっっても楽しくて、「真夏の夜の花」とか「出逢えるまで」とか、しっとりした大人の曲を男の子たちが背伸びして歌って踊った時のこの胸がキューーーンとする感じ.....!そう、みんな体感したことあるあの感じだよ!

うっとりさせてきたかと思えばまじめにふざけ始めたり、忘れちゃいけないのはGuys PLAYZONE!!悲しい曲でもないし寂しい曲でもない、パワーに満ちた曲で涙が溢れたのは初めてだった。踊っていて絶対にキツイのは見てるだけでわかるのに、それを精一杯の力で踊っていた7人の男の子たちのパワーに圧倒。最後のサビ前で雄叫びをあげるみゅうとくんやちゃかちゃん、ギンギンの目をしたのえさましめちゃんしーくん、それでも楽しそうなあさひとうみさん、みんなのやりきった顔と「Guys PLAYZONE!!」の叫び声が忘れられない.....最高の夏だったね...。

 

 

 

 

8月17日の夜は1人でファミレスにいて、そろそろオーラスのレポが流れてくるかな〜なんてニコニコしながら検索したら、みんな泣いてた....。

会場から出たくないとか屋上から降りたくないとか、そりゃそうだ、わたしもそこにいたらきっとずっと帰らないと思う。

その日から「これが最後かな」「これが最後かも」なんて思いながら7人を見るようになってた。いつもそこにいるのにいなくなってしまうなんて、そんなことあるのかなあ。

 

 

 

 

 

9月7日、帝国劇場に貼られた見たことのある細長いポスターの6人をボーッと見つめていた、見てたって6人が7人に増えるわけないのにね〜。ははは....

 

気分の波がありすぎる女だと自覚していたけどこんなに波があるとは思ってなかったよ?初めて入った帝劇は天井が高くて照明がキラキラしていて自然とテンションが上がった。

 

悲しみはすぐ晴れてしまうもので、ステージで踊る彼らのことを見て、あの帝劇前で感じた不安は吹き飛んでしまった。まぁ、完全に受け入れられたわけではなかったけど。彼らを見ている時よりも、他のグループを見ているときのほうが辛かった、羨ましくて、正直涙がでた。なんで、なんで、こっちきて一緒に踊ろうよ。タップシューズ一緒に履いてさ.....。ちょっとだけ悔しかった。

それでも、手足をいっぱいに伸ばして、帝劇のステージの真ん中で笑いながら踊る6人に不安の文字は1つも見えなくて。きっとずっと本人たちのほうがつらいのにこんなに笑ってくれるなんて、勇気付けられてばかりだった。未来に少し光が見えた。きっと大丈夫だとそう思えた。

 

 

 

ユメアイ千秋楽の日。カテコで話したりするんだろうな〜と思ってツイッターを開くとTLの様子がどう考えてもおかしい。

 

 

え?朝日......?

 

 

変な噂が立っていることは知ってた、でも自分の目で見たこと以外信じないようにしているから、これっぽっちも噂は信じていなかった。うそでしょう。でもこれも自分の目で見てないから信じなかった。確信できる何かが出るまでは、ずっと。

 

 

 

 

それから1週間程経って、雑誌の早売りが出た、5人だった、びっくりした。でもそれ以上にびっくりした。

 

 

全身タイツだった....

 

f:id:younekom:20180414122747j:image

 

 

 

 

だ〜〜いすきだった顔の濃い最年少がいなくなって悲しいはずなのにありえないくらい面白い。やさしすぎる。いつもいつも、こういうときに、悲しい気持ちを吹き飛ばしてくれる彼らの優しさに涙が止まらなかった。もう〜〜バカみたいに優しくて大好きだよバカーーーーー涙!!!

 

 

 

 


気分がズーンと沈む日もあった。過去の少クラの映像を見ていて辛くて停止ボタンを押したりしたし、写真を見るのも辛かったときもあった。こんなに突然やってくるさよならに頭がぼーっとして、記憶を消そうとでもしてたのかなあ。悲しみはなかなか消えてくれなかった。そんな中でもずっと笑わせてくれる5人にちょっとだけ救われた。えび座で披露した夢ハリも、最初出てきたときに「足りない」と思ってしまったけれど、みんなが、キントレよりもユメアイよりも少クラよりも、力いっぱいに踊っていて、その顔を見たら自信に満ち溢れていて、また勇気付けられてしまった。なんども不安に思ってごめんね、なんども大丈夫って思わせてくれてありがとう。日生劇場の座席でしばらくメソメソしていた。

 

 

 

 

 

湾岸ライブは見事に落選してチケットを必死に探していたけど、キャパの狭さを知ってしまってから探す気力がなくなってお留守番を決意。

 

 

松松加入。これも変な噂を小耳に挟んでいたけどまさかほんとにメンバーが増えるとは.....笑。インターネットこわ〜〜い.....。

正直、噂を聞いたときは「この◯人でがんばろう!って何回決意したらいいんだ」って思ってすごい嫌だった。気持ちが追いついていかなくてちょっと辛かった。でも、湾岸ライブを観に行った人だったり、雑誌だったりで2人の話を見て、聞いて、ただならぬプレッシャーや期待の中で必死に頑張ってくれたことを感じて、申し訳なくなった。グループがいい方向へ向かおうとしてることに対して嫌だと思ってしまった自分が嫌になった。

 

 

 

12月1日の少クラで新生TravisJapanの夢ハリを見て「あ〜よかったなあ」と思った。

そりゃよくなかったこと?の方が多かった1年だったけど、色々なことを乗り越えてきた7人が、5人が、今こうやって一緒に踊れていて本当によかったなあって。ステージの真ん中でひとりで「明日はない 覚悟して今日を生きよう」と歌ううみさんがいて。本当にその通りだね、毎日頑張って生きてて本当によかったよ......。

 

 

 

にしても少クラさんは突然あんなエモーショナルな演出してきたりしてほんっとに

 

ズルイ!!!!!!!!!最初に1人ずつ顔がアップになるあの演出!!!泣いちゃうでしょうが〜〜〜〜!!!!!!!あの映像、デビューコンサートの最後で流したりすんなよ!!!!絶対だからなーーー!!(盛大なフリ)

 

 

 

 

さて年が明けてハピアイ

の前に

 

 

 

 

カウコン!!!

Jr.が出るとは書いてあったけどまさかトラジャも出るなんて思ってなくて実家で変な声を出しちゃった。家族にはJr.も応援し始めたことを言っていないしバレたら多分母に殺される(お金使いすぎ等々で)ので、息を殺してめちゃくちゃ見た。でもさすがにトゥナイナイナイナイナイティヤされたときは我慢できずにテレビの前に正座した。いや〜最高でした。また出たいね。

 

 

 

 

さてハピアイ。

友人から「プレゾン好きな人は2幕で死ぬ」と言われていたので1幕をのほほんと見ながら、おねんねバイオリニストなうみさんをあははと見ながら、2幕をふふんと待っていて始まりました2幕。

 

 

 

死んだ

 

 

 

なんといっても最初の3曲!!舞台の上を走り回って、袖から袖まで走って移動してゼエハア言いながら踊る男の子たち!わたしはこれが見たかった涙!!!Zokkon命の振りがありえないくらいしんどそうで最高だなと思っていたらやっぱり屋良くん振り付けだった。屋良くん、愛してますよ...。ありがとう.....。

 

 

 

でもやっぱりいちばん心に残ってるのはMonsterかな....あのとき、あのステージの上のうみさんは完全にゾンビだった......。心臓の音でドクドク動くうみさんの表情が苦しそうな気持ち良さそうな、なんとも言えない艶っぽい顔をしていて心臓EDM状態。Monsterで泣く日が来るとは思ってなかった。またいつかどこかで見れたらいいな。また、あんな風にステージで踊るトラジャを、見れたらいいな....。

 

 

 

 

と思ってたらすぐだった!!!横浜アリーナ単独公演!「行くぞ横アリ〜〜!!」と叫ぶちゃかちゃんを想像しただけで涙が出てきたのに目の当たりにしたらどうなっちゃうんだよ〜と思っていたらやっぱり涙腺はガバガバだった。

横アリで見たイツバはどのイツバよりもキラキラ輝いていたし、やると思っていなかったスパノバはファンの気持ちを汲み取ったかのようにみゅうとくんパートはのえるくんに、あさひパートはうみさんに変わっていて、もう2度と名前を呼べないかもとおもっていたTJcallingだって形を変えてまた名前を呼ぶことができた。夏も秋も全部全部封印しなくちゃいけないと思っていたわたしに「好きっていっていいんだよ!」と抱きしめてくれた、そんな公演だった。

 

 

 

 

 

 

頑張って1年間を振り返ったけどわたしの文章力じゃどうしても軽く見えてしまって申し訳ないな...。いろいろあった2017年、この先、一生忘れない1年になった。冒頭書いたようにいろいろあったけど、すっごい楽しかったよ、ありがとう。辛いことがあっても、みんなにたくさん救われた。生きてて本当に楽しいよ。生きててよかったなあって思う。ほんとにありがとう。

 

 

 

こんなに書いてもまだまだトラジャのみんなに伝えたいことがたくさんあるから、最後にここに書くね、TravisJapanのみんな読んでね〜〜〜〜(?)

 

 

 

 

のえるくん!いつも優しさと大きすぎる愛でファンを包んでくれてありがとう。のえるくんの言葉を信じてきたし、のえるくんが自信を持って言葉を発信してくれることでわたしは何かに惑わされたりせずに歩いてこれたのかなあと思う。ありがとう。わたしはのえるくんのアクロバットが大好き!ふわふわ軽くて空を飛んでるみたいで本当にかっこいいよ〜これからもロイヤルにたくさん踊ってたくさん飛んでください笑!おねがいします♡ うみさんのこともたくさん可愛がってください♡おねがいします♡

愛は重いくらいがちょうどいいから、これからもたくさんののえるくんからの愛を頂戴したいです!たくさん愛し合おうね〜!

 

 

しめちゃん!しめちゃんはいつものーんびりふーんわりしているから、わたしが焦っているとフッと落ち着くような一言をくれて、それで毎日ニコニコ過ごせたよ。ありがとう。いつもフワフワしているのに踊るとセクシーで男らしくて、そのギャップにわたしの脳みそはクラクラです。あとね〜しめちゃんの振り付けが好き!静と動が共存していていつ見てもゾクゾクする。これからもたくさん振り付けしてほしいな〜。自分にとっても厳しくてストイックでかっこいいしめちゃん。ファンを見つめる優しい眼差しが大好きです、この先もしめちゃんの優しさで包んでください♡ 

 

 

 

しーくん!好きだよーーー!たぶん何も考えずに何も知らない状態でトラジャ見てたらしーくんのことめっちゃ好きだと思う、そのくらいしーくんヤバイ....。しーくんの振り付けも好きなんだよ〜いやみんなの振り付けが好きなんだけどさ〜〜。柔らかくてなんか鋭い。よく切れる豆腐みたいな。「雨」の振り付け作ったり、自分じゃない誰かを想像しながら振りをつけるのが本当に上手でいつ見ても感動する....。しーくんって実は一番つかみどころがないなあって思っているんだけど、アイディアをポンと出したり率先してふざけたり、トラジャの土台なのかなとか思ったりしてる。これからもよくわかんなくなりがちなトラジャの土台、よろしくおねがいします。これからもたくさん笑おうね〜〜!

 

 

ちゃかちゃん!トラジャのエース!センター!ちゃかちゃんがいればそこがトラジャになる!そんな感じのひと。切れちゃいそうな足さばきでバッキバキに踊るくせに喋ったら赤ちゃんなところ、かわいいよ👶 夏から秋にかけて、すごいもの背負ってる感じがどうしてもして、あぁちゃかちゃん大丈夫かなあって思ってたけど、この前の横アリで見てみたら、もうちょっと軽くなってた気がして安心したよ。優しすぎるちゃかちゃん。いつもたくさんの言葉を一生懸命伝えてくれて、そして私たちを笑わせてくれて、安心させてくれてありがとう。これからもトラジャのエース!任せたよ〜!!

 

 

まつく〜!まつくトラジャを選んでくれてありがとう!まだまつくのこと知らないことだらけだけど、最近わかったこと!かわいい顔して結構クールなのに結構天然ちゃんな愛されボーイ!ボソッとつぶやく一言にお腹抱えて笑ってしまうくらいまつくの一言がツボです....。これから、もっともっとそんなかわいいまつくを伸ばしていってほし〜い!まつくの力強いダンスが大好きです!これからもずっと一緒にいようね!ありがとう

 

 

げんげん〜!まってよ、げんげんってまだ10代なんだね?!びっくりしちゃった.....まつくと同じようにまだまだお勉強途中です、もっとげんげんのこと知りたーい!げんげんの甘えん坊っぷり、うみ担として見ていてうずうずします、かわいいよ〜涙 たくさんお兄ちゃん達に甘えてね〜涙 げんげんののびのびとした歌声が大好きです!これからもずっと一緒にいよう!トラジャを選んでくれてありがとう!

 

 

みゅうとくん!例えばそう大好きみゅうとくん!!みゅうとくんのダンスがだいすき!ギャハギャハ笑う高い声もだいすき!みゅうとくんのいないトラジャのMCは散らかり放題で大変です涙 いつでも見学席からツッコんでね....。 みゅうとくんは、いつもフラフラしちゃうトラジャをそっとすくって元に戻してくれてたような気がする。夏が終わった時に悲しくてずっと泣いてたけど、もう大丈夫!たぶん笑!ラブでパフォーマンスするみゅうとくん見てるとかっこよくてテンションが上がるよ!これからもバチバチのパフォーマンスを見せてね!愛してるよ〜!

 

 

 

あさひーーーー!!!あさひ!どこいったんだよおまえーー!!!はぁ、どれだけ叫んでも届かないのかなあって思うと、俺はさみしいな....何も言わずにいなくなっちゃうなんてずるいよ〜せめてありがとうとかまたねとか言いたかったな....大好きだったんだからなーーーー!!!!!!グイグイ前に出て道を開いてくれるトラジャの開拓者!たくさん道を開いてくれてありがとう!愛すべき最年少あさひ!体には気をつけて、元気にしててね!!またね!

 

 

 

 

 

これ中村海人くんのお誕生日を祝う記事だったのにいつのまにかこんな内容になってたな....。お待たせしました、うみさん。

 

うみちゃん!21歳おめでとう!どんどん大人になっちゃうねえ〜。なんか他のメンバーみたいにポエミーなこと言いたいけど、とにかく大好きってことばっかり浮かんじゃうなあ。うみちゃんはホワホワした雰囲気とは裏腹に、本当はあつ〜い心を持った芯のある男の子なんじゃないかなって、1年みてきて、そう思ったよ。ナヨナヨしちゃうときにみんなが欲しい言葉をくれたり、ポンとステキなアイデアを出したり、実はトラジャのブレインなのかもしれないなあなんて思っちゃったり....贔屓目かな...笑 

でもそんな熱いうみちゃんの心に何回も何回も救われた1年だった。本当にありがとう。

うみちゃんのダンスが好きで好きでたまらないよ。えび座の場面繋ぎ?でひとりひとりがソロダンスするところあったじゃない〜、あそこで力いっぱいに息を吸ってのびのびと踊る姿を見てポロポロ涙が出てきた。うみちゃんの踊る姿見てると自分の悩みとかが小さくみえていつのまにか消えちゃう。どんな薬にも負けない、わたしの元気の源だよ。踊ってくれてありがとう。

横アリ単独の最後に「またやりたいね」ってみんなが口にする中で「絶対やるよ、まだまだだよ、通過点だよ」って言ってる姿を見て、あぁこの子のこと応援しててよかったって改めて思った。うみちゃんの見てる夢を全部知ることはできないかもしれないけど、きみの夢がわたしの夢だから、絶対叶えようね。これからも応援してるよ。いつも笑っていてくれてありがとう、踊っていてくれてありがとう、アイドルになってくれてありがとう。

 

 

 

これから始まるTravisJapanの2幕に、そして21歳のうみさんにたくさんのしあわせが訪れること、輝きに満ちた毎日になることを祈っています。

 

愛してるぞ〜!

 

 

f:id:younekom:20180415005834j:image

恋みたいなあれこれ

最近暑くなってきて夏がすぐそこまで来ているなぁとか思ったりしてる、今日の最高気温は30℃って....まだ5月なのにねぇ。



夏の予定が決まってきたよ。夏は暑くて、めまいがして、頭も痛くなるから好きじゃなかったのに、ここ最近はコンサートがあるからだんだん好きになってきてて ほんと単純....。

えいとのコンサートも無事に行けるし、トラジャちゃんのコンサートも当たった。うれしい。この2つのコンサートの日程がただ被りしてるのを見たときは「神に試されてる....!!!」とか思ったけど、どっちもちゃんと当選です!ってメールが来て、びっくり、神様は優しかった笑。



そういえばTravisJapan沼に落ちたんだ〜。大運動会が当たって、「え!Jr.もみれる!」とかワクワクしてたら、いつのまにか中村海人くんを勧められ、いつのまにかTravisJapanを見るようになり、いつのまにかJr.祭りにも行ってた。

中村海人くん、愛を込めてうみくんと呼ばせていただいております。うみくんは長い手足をいっぱいに伸ばして男満載のダンスをするのに、お顔はとっても小さくてきゅーとで、踊ってるときは口がパクパクしてる....空気食べてるのかも....。そしてヒモ、ヒモんちゅ、ヒモ界では有名なのかな??ひとの食べてる雪見だいふく、ひとつちょうだいとか言っちゃう。長女のわたしにとっては末っ子気質大爆発に見えてすべてを許したくなっちゃう...ご飯食べさせてやりたい.............かわいいやつめ........💕


中村海人くんのこと好きになってからJr.祭りに行くまで要した時間は8日間だよ、たった8日!!いままでだったらこんなスピードでコンサートに行ったりしてなかったはず...曲知らないし、メンバーもよく理解してない現場にお邪魔するなんておこがましくて無理!って考えてただろうに。なんかいま応援しなくちゃ、いま見ておかなくちゃ絶対後悔する、とか思っちゃったんだよね、あのかわいい顔見たら....笑。Jr.情報局にもササッと入会しちゃった、Pay-easyはすごかったよ。


周りにJr.担が多くて、どんどん映像見せてくれるおかげでだいぶ分かるようになってきた。「年上が好き」っていうわたしの心はうみくんを見た日から、いつのまにかバラバラになって、いまじゃ中学生のことも愛でる対象になっちゃったよ〜。えっと、作間龍斗くん、かっこいいのね............あぶないわ....。


クリエの当日券も初めてチャレンジしに行って、まぁ4日間、全敗だったけど、今度はちゃんとあえる約束もらえたから。うれしいな〜目一杯楽しんでくる。待ってろEX〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!










先日は「上を下へのジレッタ」を拝見してきたよ。よこやまくん、スーパーかっこよかった....!

ブルームーン、その頃わたしは、まだ田舎に住んでて、親の力を借りないと都会まで出て行けなかったから、自分の名義が当たらなかった時点で「諦めて」と親に宣告されて、見に行けなったの。わたしのブルームーン亡霊はこの日から生まれて、ジレッタを見て成仏した(きがする)。


最初に幕が空いた瞬間から劇場内がジレッタになって、きらきらふわふわした時間が過ぎていく中で、門前市郎が歌って踊って、自分のやりたいことを周りを巻き込んでうわぁっと進めていく。こんな人が周りにいたらわたし絶対好きになれないと思うけど、門前市郎はどこか愛したくなる雰囲気があるから不思議なんだよなぁ....そこをよこやまくんはピタッと演じていて、やっぱり彼にはダークヒーローが似合うなぁって改めて感じた。ダークな役しかできないんじゃなくて、それができる、そんな風な感じになったような気がした。文章ぐちゃぐちゃだ〜でも言い表せないぐらいジレッタは素敵だったし、わたしの心の中にズンっと入り込んで住み始めたよ。できるならもう一度、観にいきたいな....。





最近色々うまくいってなくて、家に帰ってもウーンウーン...って感じだったけど、コンサート行くし!大好きな人たちにあえるし!もうちょっと頑張ってみるよ。

そういえば、今日家で座ってるときにふとTシャツをめくってお腹を見たら見事にデーン!とお肉が乗っていたから、ダイエットすることにしたよ。アイス食べない。たぶん....笑。


それじゃあ。

私は声が小さい

上京してきて新生活が始まり、早くも1ヶ月が経過した。自炊にも慣れたし、1人で起きれるようになったし、掃除もほぼ毎日やるし。お母さん、わたしはやればできる子でしたよ。


最近は時間を見つけると電車に乗って新境地開拓のためにフラフラと都内を歩くようになった。そして、そこで出会った美味しいものやかわいいものを買って、味わって、写真を撮って。上京ライフを大いに楽しんでいる。

と、1人で買い物に行ったり食事に行ったりする期会が増えた今、あることに気づいてしまった。


声が小さい


小さめのフォントでお届けしました。そう。声が小さかった。でも、わたしと会話したことがあるみなさんは「嘘つけ、お前声デカいじゃねぇかよ。うるさいぐらいじゃねえか。」と思っているはず。普段話している時は問題なく声が出て、むしろうるさいぐらいなのに.....

どうしても声が出ない。コンビニのレジで「あたためますか?」と聞かれても声が出ない。スーパーのレジで「シールでよろしいですか?」と聞かれても声が出ない。お洋服屋さんで「これかわいいですよね〜」と話しかけられても声が出ない。「ポイントカードはお持ちですか?」「試着できますので声かけてくださいね」「1000円からでよろしいでしょうか?」

声が出ない!!!



確かに少しだけ「はい」とは返事してるけれど絶対に聞こえていないことがわかったので、頷きも入れるようにした。でもよく考えてみたら、「ポイントカードはお持ちですか?」「(コクン)」なんだか不思議な人に見られていないだろうか。全ての会話を頷きで返していく客。声は絶対出さない。



と思うやんか〜〜〜(誰)



幼い頃から母に「レジで商品もらった後とかお釣りもらった後の去り際には『ありがとうございます』と言いなさい」と言われて育ってきた。これだけは声が出るのだ。だとしたら。

「いらっしゃいませ」
(ピッ.....ピッ.....)
「2点お買い上げで462円になります。ポイントカードはお持ちですか」
(もってないです)(ブンブン)』←首を横に降る
「では502円お預かりいたします」
(はい)(コクン)』
(ウィーーーーン)
「40円のお返しとなります」
(はい)(コクン)』
「こちら商品となります。」
(はい)(コクン)』
「ありがとうございました」
ありがとうございます



店員さんびっくりしてないかな.....あっ、この人首の動きだけで会話するんだ、そっかそっ、えっ最後声出した.....みたいになってないかな。変な人になってないかな。わたしも頑張って、声を出すためにレジ列の1番前に来たら、咳払いをして喉の調子を整えてからレジに向かうんです。なのに、声が出ない.....。

レジだけじゃない。ファミレスでも。

注文の声が小さくて、絶対に聞き直されたり間違われたりする。最近はかなり声が出るようになり、さらにメニューを指差しながら注文することを覚えたので、スムーズに行くようになった。でも1つだけ気づいた。
メニューを指差しながら注文している。声も出している。でも時々、「ミラノ風ド『ミラノ風ドリアがおひとつ』

聞こえてないじゃん!!!

絶対指差してるだけのお客さんみたいになっちゃってんじゃん!!!ご注文どうぞって言ったらメニュー指差しただけみたいになっちゃってるよ!!!!超態度悪い客になっちゃってるよ!!!!!!

悲しい。こんなにも声が出ないとは。なんでこんなにも声が出ないのかわからない。この現象、友達と2人になると改善されるのかと思ったらそうでもない。声は小さいまま。だとしたら、1人でいる時は喋らないからとっさの声が出ないだけだよ〜みたいな理由付けができない。友達とたくさん話した後でも店員さんとの会話はいつも声が小さくなる。店員さんが怖いわけでもなんでもないのに.....

これから頷きマンとして生きていくのだろうか。家の近くにあるコンビニでそろそろ噂になってもおかしくない。なんとかして声を出したい。「はい」だけでいいから、街中で「はい」とちゃんと言えるようになりたい。

同じような悩みをお持ちの方、改善策が見つかりましたら、わたしにも教えてください。よろしくお願いします。

私がジャニヲタになったきっかけ

<p><a href="http://blog.hatena.ne.jp/-/odai/6653586347156873287">&#x304A;&#x984C;&#x300C;&#x30B8;&#x30E3;&#x30CB;&#x30F2;&#x30BF;&#x306B;&#x306A;&#x3063;&#x305F;&#x304D;&#x3063;&#x304B;&#x3051;&#x300D;</a></p>

お題「ジャニヲタになったきっかけ」


「この上のアドレスみたいな文字はどうやって消すんだ??なんだ?なんだこれ??」

初めてブログを書かせていただきます。素敵なお題を作ってくださったあややさん、ありがとうございます。不可解なところだらけで読みにくい文章ですが大目に見てやってください(泣) (にしてもこのアドレスみたいなのはどうやったら消えるの.....)


私がジャニヲタになったきっかけは2009年。2009年といえば、嵐が10周年の年。私の記憶の中だと、この年に嵐の人気が爆発的に上がった覚えがある。

その当時、小学生だった私。クラスの女の子たちは嵐を見てキャッキャッして、嵐の番組が放送された次の日はその話題で持ちきり。私もその女の子の中の1人になりかけていた。私の周りにはジャニヲタの子が多く、嵐だけではなく、KAT-TUNやNEWS、Hey!Say!JUMPのファンの子もいた。彼女たちはジャニヲタになりかけている私を見て「このグループ見て!」「この歌聴いて!!」「この番組見て!」と次々に私にジャニーズを勧めてくれた。いま思うと、何も知らない私にジャニショ*1の写真をくれたり、CDを貸してくれたり、ものすごい洗脳だったなぁと思う....

そんな友達の1人に関ジャニ∞のファン、通称「エイター」の子がいた。彼女が勧めてくれたのは「関パニ」という番組。1回15分の番組で、毎週水曜日の深夜(何時だったかな...)に関ジャニ∞がさまざまなゲームに挑む番組だった。

初めて見たときは衝撃的だった

「ジャニーズってこんな面白い人いるの....」

ジャニーズの概念を覆された気がした。関西弁でボケてツッコミを入れて、単純にすごいと思った。

関パニをみた翌日から関ジャニ∞のことを調べる手が止まらなくなった。友達にも関ジャニ∞の話を聞いては、自分で作っていた「関ジャニ∞ノート」という、いかにも小学生らしいものに関ジャニ∞のことを記した。そして、たまにそれを眺めてうっとりしていた。今思えばちょっと恥ずかしい.....

周りの友達も「確かに、エイトっぽかったわ」なんて言ってくれてニヤニヤ。「関ジャニ∞」の「∞」の部分が上手く描けないから練習するんだと言って放課後の教室の黒板で友達と練習した覚えもある。ちなみに今も、あまり上手く描けない。

私の初めての「担当」たる人は村上信五くん。単純に、パッと見たときに「いちばんかっこいい!」のが理由だったが、色々な情報を集めているうちに横山裕くんの方が好きになっていた。多分、「村上担」として過ごした日はあまり長くない気がする。過去生きてきて、一目惚れはしたことがないので、まぁそういうことだろう。今ではすっかり、横山裕くんにメロメロだ。これからもずっとメロメロだし、私の永遠のアイドルである。うん。大好き。


私のジャニヲタライフもかなり長くなり、関ジャニ∞に対して「かわいいわね〜〜よしよし〜あらそうなんでちゅか〜」と、過保護な親のような接し方をするようになってきたある日のこと。昨年の夏のFNS歌謡祭だった気がする。

「伊野尾くん??」

友達に様々なジャニーズを勧められている間、「このグループなら誰が好き?」という話をかなりしていた。そのとき、「Hey!Say!JUMPなら伊野尾くん」と話していた私。当時の伊野尾くんといえば、テレビにもあまり映らなかったので、私もそんなに気にしていなかった。が、しかしである。久々に見た伊野尾くん。ポップコーンのように丸く揃えられた髪。キャラメルのような髪色。白くてすべすべな肌。「ポップでハッピーなふたり」と歌う飴玉のような声。天使か?伊野尾くんは天使だったのか??

気になりだしたら止まらない。伊野尾くんの画像を検索しまくり、私のフォルダは伊野尾くんだらけ。24時間テレビの宣伝もバッチリ見て、完全に伊野尾くんの沼に落ちかけていた。ありがたいことに、私の親友がHey!Say!JUMPのファンだったため、たくさんのDVDを貸してくれた。これもまた洗脳と言えるぐらいの勢いでたくさんのDVDとCDを貸してくれた。家に帰り、伊野尾くん目当てで再生したDVD。ピアノを弾く伊野尾くん。ベースを弾く八乙女くん。

ちょっと待って、八乙女くんこんなにかっこよかった?あれ?私の知ってる八乙女くんじゃないよ?嘘だ。かっこよすぎる。

私「八乙女くんが好きかもしれない」

友「うん。光だと思ってたよ。」

悟られていた....。またしても、短い期間でグループ内の好きなメンバーが変わった。これは私のジャニヲタライフのルーティーンなのか??

担降りではなく、掛け持ちとなった私。応援するグループが一つ増えただけで楽しさ倍増どころか1億倍ぐらいになっている。エイトとJUMPが絡むと嬉しい。何より最近、JUMPの八乙女くんがエイトの丸山くんと親しくしているようで本当に嬉しい。光くん!まるちゃん!エピソード待ってるよ!!


長く話してしまったが、私がジャニヲタになったきっかけは「周りからの洗脳」であった。実にジャニヲタらしいし、何よりジャニヲタは自分の好きなグループの宣伝が上手いと本当にそう思う。勧め方次第で、私はNEWSのファンになっていたかもしれないし、KAT-TUNだったかもしれないし嵐だったかもしれない。でもどのグループを好きになったとしても、私は、「ジャニヲタになれてよかった」と思うのであろう。あの頃の友達みんなに感謝したい。私をジャニヲタにしてくれてありがとう!そしてまだハマったばかりのJUMPの情報をたくさん教えてくれる友達みんなにも感謝したい。ありがとう!そしてそして、私の毎日に幸せを注ぎ込んでくれる関ジャニ∞とHey!Say!JUMPにも感謝したい。ありがとう。これからも応援させてください。

あぁ、ジャニヲタって本当に楽しいなあ....と私はそう思う。

これが、私がジャニヲタになったきっかけだ。

*1:ジャニーズショップの略称。公式生写真などが売られている